fc2ブログ

8/28に今年度最後の「そうなんだ発見教室」、“発見授業”で「比重」を実感 

blog130828-01.jpg
第6回「そうなんだ発見教室」が8月28日(水)、東京・北区の滝野川文化センター(滝野川会館3階)の視聴覚室にて行われました。今年度のそうなんだ発見教室は、自立支援講座とともに電通育英会の人材育成活動の助成事業ですが、そうなんだ発見教室については最終回です。

今回の“発見授業”は、平野祐希子さんによる「重さの違いを楽しもう!」です。9時過ぎからの会場設定に続く、平野さんの事前レクは“力”が入っていました。

blog130828-02.jpg10時過ぎから生徒さんたと学生スタッフとのアイスブレイク、宿題タイムに続いて発見授業開始。

青色の絵の具と赤色の絵の具を混ぜると紫色になるということは図工などで経験した人も多いと思います。青で着色した水と赤で着色した水を混ぜると一緒になって紫色になります。では、片方が油だったらどうなるでしょう。ということで油と水を混ぜてみました(この日は、透明な油と、色が分かる水として茶色の「午後の紅茶」を使用)。結果は混ざりません。お茶の上に浮かぶように油が乗っかってしまいました。ここまでは、知っている生徒さんがいたり、ラーメンのスープを思い出していた生徒さんもいました。

blog130828-03.jpgしかし、「この中に氷を入れるとどうなる?」平野さんからの質問です。ここでは大きく意見が分かれました。「沈む」という意見が多い中、「油の上に浮かぶという意見」もありました。結果は、お茶と油の間で止まるというものでした。ここで生徒さんは何でだろう?と、首をかしげていました。これは、お茶と油と氷の「比重(重さ)」が違うために起こった現象ですと、種明かし。では、この三つで一番重いものは?との質問には生徒さんは口をそろえて「お茶!」と答えていました。

さてさて、お次は本日のメインイベント! お米が満たされたプラスチックのコップを生徒さん一人ひとりに渡します。コップの底をトントンと机に叩くとあら不思議、お米の中からピンポン玉が出てきました!? これには生徒さんもビックリ!! 「ピンポン玉だ!」という声や「どうして?」といった表情を隠しきれないようでした。その現象があまりに不思議だったのか、お米の中にピンポン玉を埋め戻して、再度コップを叩くいている生徒さんもいました。

さて、その驚きも冷めやらぬ中、今度は先ほどのお米の上に500円玉を乗せてトントン叩くと……。またまた不思議なこの現象。今度は、500円玉はお米の中に入り込んでしまいました。

blog130828-04.jpgこれも、先ほどのお茶と氷と油のように、「比重(重さ)」が違うために起こったことなのです。「比重(重さ)」の違いを見るために、天秤量りを持ち出し、ますは同じ大きさでもピンポン玉と、お米の詰まったピンポン玉だと重さが全く違うことを見てもらいました。同じ大きさでも、お米のほうが重かったためにピンポン玉が浮き上がってきたのです。

次に、同じ重さになった時にどのくらい大きさに差があるのかを見ることにしました。500円玉とお米の重さが釣り合ったときに天秤に乗っている500円玉とお米を見比べててみると、500円玉よりもお米のほうが多いように見えました。それを見た生徒さんは「へぇ」と声を漏らしていました。

今回の発見授業で、物によって同じ重さでも大きさが違ったり、逆に同じ大きさでも重さが違うということが体験できたのではないでしょうか。(大久保翔太)

スポンサーサイト



 
カテゴリ : 発見教室
2013-09-15(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

8/27の“発見授業”のテーマは「第一印象を良くしよう」 

blog130827-01.jpg
本年度5回目の「そうなんだ発見教室」。8月27日午前10時から、滝野川文化センター(東京・北区滝野川会館内)の視聴覚室で開かれました。学生講師13人、生徒7人のもと、自己紹介と自分の気持ちを発表しました。自分の今の気持ちを紹介する際に緊張していると言いつつも、生徒さんは初めて会う学生講師や友達の前で堂々と自己紹介ができていたのが印象的です。

最初の50分間は、宿題タイムがとられ、生徒の皆さんも学生講師と一緒に集中して宿題に取り組みました。中には宿題を終わらせ、学生講師が問題を出しそれに挑戦する生徒や、問題集の力試しの問題に挑戦する生徒さんもいました。また、休み時間になっても「この問題を終わらせてから休憩する」と言う生徒さんもいました。この日は気温だけではなく生徒さんの勉強に対する意欲も“あつい”ものを感じました。

blog130827-02.jpg5分間の休憩時間を挟みいよいよ“発見授業”! 今回は西香弥さんが「第一印象を良くしよう」というテーマでした。初めに“この人はどんな人”というクイズ形式の問題が出題されました。ここでは、「同じ顔をしているのに顔色を変えどちらの顔が怒っているように見える?」といった質問を西さんが生徒に投げかけました。生徒さんは青色の顔、赤い顔どっちが怒っていそうかを理由と一緒に考え自分なりの意見を持ち発表しました。他にも、西さんの幼少時の写真をみてどんな子どもであったかを観察していました。私自身生徒さんの口から出てくる回答に“なるほど”と思う場面もありました。様々な写真を見ることによって、印象というものがどのように形成されていくのかが生徒さんも発見できたのではないかと思います。

blog130827-03.jpg次に“素敵な人を描いてみよう”というテーマで授業が進みました。前半の印象を踏まえ「素敵だ」と思ってもらえるような絵を描きました。この場面では、生徒さんの個人作業です。最初はなかなか手が進みませんでしたが、学生講師と一緒に素敵な人はどんな洋服を身に着けているのか、どんな物を身に着けているかに気づき絵を描いていきました。アイドルの絵を描いてくれた生徒さんもいれば、学生講師の絵を描いてくれた生徒さんもいました。本当にありがたいことです。

blog130827-04.jpg最後はいよいよ自分が素敵だと思う人の発表です! 生徒さんは自分が描いた絵の素敵だと思うところを学生講師や、他の生徒さんの前で素敵ポイントを発表しました。

講師の西さんは最後に、「できるだけ素敵な人に近づけるようにしたら、もっと良い印象を持ってもらえるね」という話をしました。生徒さんにとって、算数や国語と違いこれといった正解がない問題を考え、発見する授業になったのではないかと思います。(片山慶信)

 
カテゴリ : 発見教室
2013-09-15(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

発見教室の後半スタート、“発見授業”ではチャドルやチャイナベストに身を包んだ“ゲスト”も登場 

blog130826-01.jpg
8月26日、本年度第4回「そうなんだ発見教室」が午前10時より開かれました。場所は、赤羽文化センター(東京・北区)第2学習室です。

第1~3回はいずれも滝野川文化センター(東京・北区滝野川会館内)視聴覚室で開催。今回はいつもと違う会場でしたが、午前10時に問題なくスタート。参加者は5名、学生スタッフは14名と生徒一人に学生2以上の豪華布陣です。はじめはヘンテコ自己紹介ということで、自分の名前を言い今の気持ちを一人ずつ発表しました。「わくわくしてる!」、「ちょっと緊張…」などなど、みなさんその時の気持ちを正直に話してくれました。私たち学生もそれを受け止め、フォローすることができたように思います。

続く宿題タイムも、そうなんだ発見教室の後半戦。漢字、算数、ローマ字………と、それぞれ真剣に取り組みました。去年に比べ集中している様が見て取れ、子どもたちの成長をひしひしと感じました。なかにはもう宿題が終わった!という子どもいて、学生がその場で問題を出すなどしてさらなる学習を進めていました。

blog130826-02.jpgさて、休憩後はお待ちかねの“発見授業”!! この日のテーマは「世界中の人と友達になろう」。担当の酒井晶子さんはカナダに留学中で、夏休みで一時帰国中の高校生です!
まずはみんなでスクリーンに注目。髪、肌、背の高さ……いろんな国の人たちが、それぞれの言葉で次々に話す動画映像(YouTube)を見ました。皆さん真剣に、あふれる多様な情報を受け取っていました。

お次は国当てクイズ。景色、洋服、食べ物などからどの国のものか考えます。パワポのスライドには、その国を象徴する写真(フランスならエッフェル塔)、国旗など次々と表示され当てていきます。「うーん、どこなんだろう」と迷ってしまう問題もあれば、「インド!」「ブラジル!」とすぐに国名が出てくるものも。このほかの国として、中国、サウジアラビア、エジプト、カナダが出てきました。子どもたちは知識を総動員させて、大変盛り上がりました。

blog130826-03.jpgそしてなんと、クイズに出てきた7カ国の中から5カ国の“スペシャルゲスト”が登場! ゲストは実は学生スタッフなのですが、中にはチャドル(イスラム圏の女性の衣装)のような本格的な衣装に身を包んだゲストも(筆者もチャイナベスト着ちゃいました)。それぞれの国と日本との関係を紹介しました。

最後はゲストと子どもたちの“国際交流タイム”! 一人ひとりゲストのところへ行って、その国のカードをもらい、子どもたちが自らの口で日本を紹介することを試みました。初めての異文化コミュニケーションにみなさんやや緊張の面持ちでしたが、日本の特徴を自分なりに紹介できました。お土産として、チャイ(インド風ミルクティー)、フランスパン、カナダのメープルシロップといったそれぞれの国の“味”も堪能しました。また、ヘナ(インド、エジプトなどで使用されてきた染料)で手の甲などに絵を描いてもらったりしました。

blog130826-04.jpgまとめに、世界の人も日本の人と仲良くなりたいと思っていること、どんどん外国の人と話してみてほしいことが伝えられました。国、文化、人種、そして障害などの違いはいろいろありますが、だからこそお互いを理解し仲良くできることを学ぶことができたのではないかと期待しています。

今回も、子どもたちそして私たち学生双方に発見の多い授業となりました。授業後は、「一歩先の事を教えるのも大切」、「反応がなくても、構わず声をかけ続けてほしい」などなど今後のための反省会が繰り広げられました。反省もいっぱいですが、良かったところもたくさんあって、何より教室にいるすべての人が笑顔になれるのがこの発見教室のいいところだと思います。今回は子どもたちの成長も感じられたので、私たちも毎回成長していきたいと思います!(西香弥)

 
カテゴリ : 発見教室
2013-09-15(Sun) | コメント : 0 | トラックバック : 0

“発見授業”で紙づくり、象のふんでできた紙も見せる 

8月22日、滝野川文化センター(東京・北区滝野川会館内)の視聴覚室にて第3回「そうなんだ発見教室」が午前10時から開かれました。今年度全6回の前半の最終日です。この日の“発見授業”のテーマは、「紙を作ってみよう!」。担当講師は今年度の新メンバーである深沢新也さんです。生活の中で浸透しているものに改めて注目し、普段の生活における重要性を意識させようとのことで企画されました。この日の生徒は8名、学生スタッフは10名。

blog130822-01.jpg今回のアイスブレイクは、こちらも新メンバーの堀切亜紀子さんによる「リズム自己紹介」。手拍子に合わせて、ニックネームと、好きなものやことを言い、リズムに合わせてお互いの理解を深めようというものでした。

この日は、最初に発見授業、後半が宿題タイムです。その理由は、生徒さんたちが作った紙をそのまま持って帰ってもらうために、乾燥する時間などを見ておきたかかったからです。

発見授業では、まずは、紙の原料となるものをいくつか挙げました。珍しかったのは象のふんでできた紙。実物と共に紹介しました。動物の排泄物ということで、生徒も興味津々、紙を恐る恐る触る生徒も……。

blog130822-02.jpgメインは、やはり紙すき体験。細かくちぎったティッシュと水の入ったペットボトルに好きな色の絵の具や糸を入れよく振り、紙すき台に濾していきます。日頃、作業をするのが得意ではない生徒もうまく集中して水をこぼさないように、紙すき台に垂らすことができました。あとは講師の深沢さんが、後半の宿題タイムの間、アイロンを使ってひたすら乾燥、当日中には完成品ができ、各生徒に渡すことができました。

一見単純作業に見える紙作りですが、ここに至るまでの準備は相当なもの。今回の実践でどの程度紙について理解してくれたかは定かではありませんが、きっと彼らが紙を作ったというその経験をどこか心の中で残してくれていることを信じています。

blog130822-03.jpg宿題タイムでは昨年や一昨年に参加した生徒が、漢検やアルファベット、これまではやってこなかった課題と向き合っており、それをスムーズに解いている姿を見ると、1年という期間の成長をしっかりと実感します。集中して取り組む姿を見ることができ、学習面においても彼らの成長が楽しみです。

教員を目指しているある学生メンバーが、今回の発見教室を通し、発見授業の内容を実習で参考にしたいと言っていました。準備は大変だったとは思いますが、目に見えて紙の製造工程を垣間見ることができるこの発見授業は大成功だったと思います!(川村泰彬)

 
カテゴリ : 発見教室
2013-09-07(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0

「風で遊ぼう」が発見教室2日目の“発見授業” 

blog130821-01.jpg
8月21日は今年度の「そうなんだ発見教室」の2日目。会場は前日と同じ滝野川文化センター(東京・北区滝野川会館内)の視聴覚室です。9時前に勉強レストランそうなんだ!!の教室・事務室にいったん集まり、簡単な打合せをしてから機材を抱えて会場へ。まずは午前10時の生徒たちの集合に向けて、学生たちは会場設営と打ち合わせを行いました。ちなみにこの日の学生スタッフは9名。

午前10時過ぎから、「パタパタ」というアイスブレイク。学生と生徒が円陣となり、順番に自分の膝を叩くのですが、ある約束にしたがって右回りになったり左回りになったりするので失敗したり。こうして双方の緊張を解いていきました。その後、「夏休みの宿題タイム」。マンツーマン指導の落ち着いた雰囲気の中で、みんな夏休みの宿題に取り組んでいました。

発見教室後半の“発見授業”の前に10分間の休憩時間を設けましたが、学生や生徒が談笑する中で、宿題を続けている熱心な生徒もいました。そんな雰囲気の中で、11時10分頃から“発見授業”がスタート。この日の発見授業の担当は、このブログの筆者(田端良啓)。テーマは「風で遊ぼう」です。授業の流れは、「風を見る」、「風を使う」、「風を知る」の3部構成。「風を知る」では、ドライヤーを上に向けて吹かせ、その上にピンポン玉が浮かぶことをみんなで見ました。

blog130821-03.jpg「風を使う」では、生徒たち一人ひとりの両手に画用紙を1枚ずつ下げてもらい、野球ボール一個分くらいの間を空けて、その間に強く息を吹きかけると、2枚の画用紙が近づき合うことを体験しました。これは、息による強い“風”で、画用紙の間の気圧が一時的に下がるため。気圧の高いほうから低いほうへを押すという自然法則により、画用紙の両側から押す力が働いて画用紙同士がくっついたわけです。これらの実験では、実際にやる前に、結果がどうなるかの予想をみんなで話し合いました。

「風を知る」では、「気圧」について簡単に説明、気圧が天気予報でよく使われることを紹介して発見授業を終了しました。この日集まった生徒は8名でした。(田端良啓)

 
カテゴリ : 発見教室
2013-09-07(Sat) | コメント : 0 | トラックバック : 0
プロフィール

そうなんだ!!

Author:そうなんだ!!
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる